S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
10« 2008/11 »12

プロフィール

ぷれこ

Author:ぷれこ
カメラ : PENTAX
*K100D Super
*K-7
レンズ : PENTAX
*FA50mm F1.4
*DA18-250mm
F3.5-6.3ED AL [IF]
*DA18-55mm
F3.5-5.6 AL
*DA 1:2.8 35mm
Macro Limited

写真がメイン。黙々と
アップしていきます。
結局、猫写真中心に
なりそうですが
猫ブログは↓こちら↓です
スコ猫くまきち日和バナー小

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

QRコード

QRコード

FC2カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもてなしの心/羊のスープ

羊のスープ
PENTAX100Dsuper FA50mm F1.4
Av優先 50mm F2.0 1/20s ISO200



漆のおわんによそられたスープ
川の家のご主人自慢の逸品だ。
「ラムじゃなくて、だから」と、強調されていた。
の骨をコトコト煮込んで、煮込んで、浮いてくる脂を丁寧に、徹底的に取り除く。
すると、このように透明で、臭みのないスープになるそうだ。
の香りはしっかりとある。
具は、骨についていた肉をそぎ落したもの。ネギとの相性もばっちり
絶品だった。
2週間経った今も忘れられない究極のスープ
心も体も温かくなった。

和風ブイヤベース 魚の香りたっぷりのブイヤベースもおいしかったな
... Read more ▼
スポンサーサイト

紅い夕暮れ

紅い夕暮れ
PENTAX100Dsuper DA18-250
250mm F6.3 1/4000s ISO1600 -1.3EV レタッチで色相・彩度変換




ビルの谷間に陽が沈む

夕日PENTAX100Dsuper DA18-250
250mm F6.3 1/4000s ISO1600 -1.3EV

なぜにISO1600? 1/4000s?
室内の静物を撮っているとき、夕日に気づき、急いでカメラを向けるも
秋の日は釣瓶落とし
あっという間に沈んでしまい、設定を変えることも忘れ……

冬場は陽の沈むわずかな時間だけ、2つのビルの合間に太陽が顔をのぞかせる。
我が家は最上階とはいえ北向き
冬至すぎまで室内撮影は厳しいシーズンだ。

川の家(モノクロ)

川の家(モノクロ)18mm F3.5 1/8s ISO200 露光補正+1
PhotoshopElement6でモノクロ化 RGB24,68,8


生家の玄関の戸にもちょうどこんなふうな細い格子が入っていた。
左右には、ガラス窓の外側に同様の格子がはめごろしになっていた。
東側の窓の前には、映画館の大きな看板があった。
旧街道沿いで
塩尻峠から降りてきて松本へ向かう道は、生家の前でほぼ直角に折れており
車社会の発達とともに、雪の日にスリップして家へ飛び込んでくる車が何台もあった。
玄関周りは少しずつ新建材とサッシへと変わって行った。

土地を交換し、生家を壊し、田んぼの真ん中に家を新築したのは
わたしが中学生になったころだった。
今でもときどき夢に出てくるのは新しい家ではなく
昭和初期に建てられた古くて暗くて埃っぽくて寒い生家のほうが多い。
階段の陰や暗い廊下や納戸のなかには、昼でもなにかが潜んでいそうな気がしたものだ。

生家を壊し、家を新築したときの父の心中はどんなだったろう。
達成感、高揚感、そして一抹の寂しさ、名残惜しさ……
父が建てた新しい家もすでに古びて、周囲の田んぼは住宅地になっている。
昨日は父の三回忌法要だった。

飛び猫?

飛び猫(単焦点)PENTAX100Dsuper PENTAX50 F1.4
50mm F1.8 1/1000s ISO1600


先週、サハラさんの川の家へ行ったとき
まろにゃんさんとnatsuさんに
単焦点で撮ってみたら? というアイデアをいただき
さっそくやってみた。
飛び猫には、前から挑戦していたんだけど、問題は、
うちの単焦点は50mmで、ちょい望遠になってるってこと
画角が狭いし、ピントの合う範囲が狭いので
バッチリタイミングが合わないと超ボケボケになってしまう

F値をあげて被写界深度を深くすると、シャッタースピードをあげられないので
広角に負ける。
キットでついていた18-55は、レンズ径が52mm
新しい18-250は、レンズ径が62mm
広角側のF値は同じだけど、レンズ径が大きい分、
新しいレンズのほうが明るく撮れるらしく、
シャッタースピードをあげられた結果、撮れたのが、前回の1枚

単焦点レンズはそもそも明るいけれども
うちの50mmF1.4のレンズ径は49mm
前回の、ズームレンズの広角側で撮ったときよりも
置きピンをしっかりして、バッチリ、タイミングを合わせないと
以前のように、消えてるくまきちばっかり撮れてしまう
らしー(説明に自信なし)

失敗の歴史ばっかり書くことになると思うけれど
それがブログのよさでもあると、思おうと思う
飛んでるくまきちの顔はいつもいっしょ
真剣でおかしー

夕暮れの窓辺

夕暮れの窓辺

PENTAX100Dsuper PENTAX50 F1.4
50mm F4.5 1/80s ISO200 分割測光 Ev補正-1.3 + 画像ソフトで補正
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。